オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

AtoZと斡旋業者&現地業者の違い
 

 文章が長いのでだいぶ読み疲れてきたのでは無いでしょうか(笑)?実は「3分でわかるA to Z AUSTRALIAの内容」のページを除くと、この前の自己紹介のページまではぶっちゃけA to Z AUSTRALIAのHPを最初に開設した2001年9月ぐらいに書いた文章が殆どなのです(^-^;ゞ。。。開設以来たちまちSOH’Sガイド(←わたしの留学生やワーホリメーカーへのガイディングをA to Z AUSTRALIAではこう呼んでおります♪)での現地サポートの仕事が超多忙になり、HPの更新もず〜〜〜と長い間全く出来ない状態が続いておりました。。。(^^; 今回5年 以上の月日が経過後のHP更新作業となりましたが、とりあえず2006年9月現在でA to Z AUSTRALIA開設以来、今までサポートしたメンバーの数も現地参加を合わせるとそろそろ450名を超えようかという勢いで大盛況を頂いております\(^0^)/♪と言う事で、ここからは「では何故A to Z AUSTRALIAがそんなに大人気なのか?」その秘密の一部を分かりやすくご紹介致します☆

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真  まず最初にご説明したい事は、A to Z AUSTRALIAと日本の斡旋業者や現地サポート会社の料金的な違いです。 当然の事ですが日本の斡旋業者は日本の各都市にオフィスを構えたり、オーストラリアの各都市にオフィスを構えたり、スタッフの数から察しても物凄い固定経費等を支払い、更に本とかへの広告費を支払ってます。現地サポート会社も同様で、現地のオフィスや人件費や広告費を 使ってます。当然その費用の回収は申し込んだ留学生やワーホリメーカーが支払う訳ですよね(^-^;ゞ? 対するA to Z AUSTRALIAは、オフィスはSOH’Sハウス(←後ほど詳しくご説明致します♪)の1部屋を利用、人件費もわたしの人件費のみっ!広告費はこのサイトの経費のみっ!と言う節約運営により、サポート料金はそういった会社とは1桁の違いを達成しております\(^0^)/♪
(A to Z AUSTRALIAのオフィスもあるSOH’Sハウスの入り口)

 

 もう1つのA to Z AUSTRALIAの激安サポート料金の大きな秘密は、実はA to Z AUSTRALIAはオーストラリアのクイーンズランド州政府が運営するNEIS(New Enterprise Incentive Scheme)というプログラムに認可され、2001年9月から最初の1年間はQLD州政府から援助金を受けてスタート致しましたが(サーファーズパラダイスビーチにあるビーチバレーコートを経営している会社もNEISの援助金を受けてスタートした事で有名です♪)、現在でもクイーンズランド州政府が運営するTAFEをはじめ、各語学学校法人からもA to Z AUSTRALIAは「現地正規代理店」として日本へのプロモーション費用の一部を還元してもらう援助金を頂いております♪そんなこんなでA to Z AUSTRALIAの語学学校への入学や申込み手続きの完全無料サービスが実現されてます♪    
 (クイーンズランド州政府運営TAFEの現地正規代理店証書)
オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真  この5年間、わたしがA to Z AUSTRALIAのメンバーをサポートしている間に出合った光景なのですが、日本の斡旋業者の中には1日に到着するワーホリメーカー20名ぐらいを空港までまとめてお迎えに行き、まとめて公的手続きをしている姿を見かけました 。。。同じワーホリでもみんなやりたい事も違うし目標も違うし1人として同じ考えの人間なんて居ないのに、「まとめられて」それぞれの希望通りのサポートが可能なのでしょうか?それで料金が高いのだからやんなっちゃいますよねっ(-_-#) サポートを受ける方の個性や希望を尊重するA to Z AUSTRALIAでは、サポートは基本的にSOH’Sガイドでのわたしとのマンツーマンになりますっ♪と言う事でA to Z AUSTRALIAの唯一の弱点は、サポート日程が満員になってしまうと、残念ながら先着順ですのでお断りしなければいけない点です。。。(T.T)
(空港出迎えも常にマンツーマン!大阪オフ以来再会の瞳さん)

 

  マンツーマンサポートという事で年間到着するメンバーの上限もあるので、ホームステイのホストファミリーも必要以上に探して登録する必要は無く、メンバーに大好評で良質なファミリーのみを確保しご紹介出来るのもA to Z AUSTRALIAならではの魅力です♪俗に言うビジネスでホームステイをしているファミリーは皆無で、みんなわたしとも仲の良いファミリーなのです♪実際にA to Z AUSTRALIAに登録しているファミリーは最初の2件のファミリーから全て口コミで広がった輪でして、新聞広告とかで募集したファミリーは無いので、「子供達が日本語を勉強してるから♪」とか「日本に行った事があり、日本人が大好きだから♪」とかの親日家の集まりだと思って頂ければ分かりやすいですねっ☆「とりあえず4週間」申し込んで 、居心地が良くて出られなくなり延長するメンバーが多過ぎで日程調整が実は大変なのですがっ(笑)♪
 (延長に延長でなかなか出てくれなかった鮎美さん(笑)♪)

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

  同様に日本の斡旋業者では考えられないオーストラリア到着後に直ぐオージーのシェアメイトを探してシェア生活でワーホリをスタート出来る事も、マンツーマンサポートのA to Zならではのサポート内容です。確かにホームステイも捨て難いですが、シェア生活は金銭面から言うとホームステイに比べ週50ドルぐらいの節約が出来る為、A to Z AUSTRALIAのメンバーでは全然英語に自信が無いみなさんでも、既に300名以上が到着後数日以内にわたしが新聞やワーホリ専用掲示板にてアポを取った数件のシェア先候補を回った後、自分に一番適したオージーを選択し、オージーシェアにてオーストラリアのワーホリをスタートさせているのです♪タイミング次第ではありますが、A to Zのメンバーがお世話になって大好評のシェア先を出る時とかにそのシェア先を引き継ぐ事も良くあるケースで、良質なシェア先も既に80件以上A to Z AUSTRALIAに登録されている状況です(*^_^*)
(AtoZで引き継がれてるオルガさん宅でシェア開始のユキさん)

 

  又、これからワーホリを目指しているみなさんにとって、一番の心配事が「果たしてオーストラリアで自分が就ける仕事があるのだろうか?」という点だと思うのですが、ご心配無くっ(^O^)♪ A to Z AUSTRALIAを利用すれば、在豪足掛け25年以上のわたしの人脈で、到着後の数日間のサポート以降でも「ピッキング」や「英語環境で働ける有給の仕事」を紹介するサポートも無料で行っております♪メンバーの中には通常のワーホリでは絶対に就けない様なホテル勤務の仕事を時給15ドル以上もらって働いた経験者が100名以上居りますし、かれこれ延べ200人以上のメンバーに仕事紹介のサポートを行っておりますので、実を言うとA to Z AUSTRALIAのメンバーの中 で、ご家族の病気等や彼・彼女の反対(笑)の理由はともかくとして、「お金が無くなって日本に早く帰った」メンバーはまだ1名も居ないのです♪
(グレートバリアヘイマン島で有給仕事をGETした沙奈江さん)

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真   く日本の斡旋業者のオフィスが高層ビルの中にあったりして(笑)、「これだけの規模の会社ならば信頼出来るだろう!」なんて思う方も居ますし、やらせの広告(体験談とかの次のページにその会社の広告があるヤツですね(^-^;ゞ)を読んで、「ここなら安心できるだろう!」なんて思いがちですが、よ〜く考えてみて下さい!そのオフィスの家賃や本の広告費は申し込んだ人が支払っている事をっ!!!A to Z AUSTRALIAはメールのやり取りから空港ピックアップやSOH’Sガイドまで全てわたし1人で行っておりますので、余計な経費が無い分現地格安料金が提供出来、それでいて希望通りのワーホリ生活を満喫して頂ける事が出来るのです♪つまり日本の斡旋業者が大企業経営のファミレスだとしたら、A to Z AUSTRALIAはオーナーシェフ が経営する小さな味の良いレストランと考えて頂けると分かり易いのですが、そのサービス内容の良さと格安料金はどこにも負けません\(^0^)/
  ( 2003年3月に行われた第8回A to Zオフ会の様子)

3分でわかるA to Z AUSTRALIAの内容
自己紹介 ワーキングホリデー時代
自己紹介ツアーコーディネーター時代
自己紹介A to Z AUSTRALIA時代
A to Zと斡旋業者&現地業者の違い
最初の渡豪先都市をお悩み中の方へ
A to Zのワーホリ成功者達リスト
サイトマップに進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー 自己紹介A to Z AUSTRALIA時代に戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー 最初の渡豪都市をお悩みの方に進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright(C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.